携帯電話電波障害調査・通信設備工事の株式会社ナカデン。Softbank(ソフトバンク)・DoCoMo(ドコモ)・WILLCOM(ウィルコム)・au(エーユー)・EM(イーモバイル)、圏外エリア調査を中心に承っております。

  • 業務紹介
  • 会社案内
  • よくある質問
  • 採用情報
  • お問い合わせ

業務案内

電波調査(携帯電話の屋外・屋内の電波エリア調査)

屋外エリア調査

車両を利用した測定調査

パソコン、携帯電話、電界強度計を車に設置し、定められた地域を移動しながら測定調査を行います。
また、携帯電話の基地局(アンテナ)からの到来電波の強度、通信データの評価も行います。
携帯電話は、到来電波が弱い場所では電波の劣化といった様々な要因でドロップ(切断)したりするため、その原因を突き止めて改善に向けたエリア解析を行います。
※電波は常に様々な要因(構造物などの遮蔽物や装置劣化など)により変化しており、現状のエリア結果を調査し各キャリアに提出しています。

一般ユーザーからのエリアクレーム対応(調査)
各キャリア間の比較調査

車両に各種キャリアの携帯電話を用意し、それぞれの電界強度、トラヒックをエリア評価します。
車両に各種キャリアの携帯電話を用意し、それぞれの電界強度、携帯端末(携帯電話)品質を評価します。

屋外エリア解析

携帯電話の通話、メールなど最適なサービスを提供するため、基地局(アンテナ)の方向を変えたり、チルト(角度)を変えたりして最適化を図ります。エリアを解析するためには専用ツールを使用します。

屋内エリア調査

各種施設内のエリア調査

オフィスビル、ショッピングモール、デパート、駅周辺など各種施設内(隠蔽場所)に屋内専用の携帯基地局(アンテナ)を設置。圏外エリアを解消する目的で、アンテナ設置前と設置後にエリア調査を行います。
また、パソコン、携帯電話、専用電界強度計を持ち、所定の場所を歩行しながら定点調査を行います。

屋内エリア化に向けた検証と設定

屋内用アンテナの設計ツールを使用し、施設内のどこにアンテナを設置すれば最小限で効率よくエリア化できるかを検証し、設定します。

携帯電話(ドコモ、au、ソフトバンクモバイル、イーモバイル)をより快適に使用していただくために、裏方として技術支援していくと同時に、モバイルに特化した事業の進化に向けた総合的なサービスをご提供してまいります

各種通信設備工事

携帯電話基地局の局内データ更新、対向試験

無線機の単体試験・付帯試験(高所鉄塔作業)

基地局電源救済

施設内設置の基地局が停電した場合、携帯基地局も同時に停止するため、一時的に発電機を用意して停電への対応を実施します。

屋内LAN配線、ネットワーク構築および施工

ページTOPへ戻る

お問い合わせ